花ごよみ

アクセスカウンタ

zoom RSS ★ 今日2/13日(土)の花・ハナカンザシ ★

<<   作成日時 : 2016/02/13 10:22   >>

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

画像

★ 今日2/13日(土)の花・ハナカンザシ ★

画像


★ 今日2/13日(土)の海と山のある町・神戸 ★
今日の朝もまだ寒いが穏やかな曇りの天気です。
今日の天気予報は曇りのち雨です。
今日の六甲山は薄雲の広がる空に見えています。
今日の神戸港は朝から大きな船も行き交って居ます。
ポートアイランドや六甲アイランドの高層ビルも薄雲の広がる空に見えています。


画像


立春も過ぎ暦の上では春になりますが寒いですね。
いよいよスギ花粉などが心配な時期になってきますね。
気を付けて対策してくださいよ!
スイセンの花が咲き、梅の花もすこし咲き始めました。
まだ寒い日もありますが、もう少し頑張ってください。

画像


<海や山のある町・神戸の風景>
神戸港にはポートアイランドがあって神戸空港もあるのですよ!
六甲山もきれいに見えていますよ〜
神戸の町にはハーバランドや三ノ宮センター街や南京町やハープ園にたくさんの観光客で賑わっています。
神戸の夜景は1000万ドルの夜景とも言われるほどきれいですよ〜!
「神戸・神戸港と須磨の山々の風景」

画像


<パルテノン神殿の2500年ぶりの復元>
「ふしぎ発見」で放送されていた。
現在はほとんど色彩がなく、きれいな色彩があったとは思ってもいない人も多い。
その再現をしたところ本当に素晴らしい色彩が再現されていて感動しました。。
「極彩食のパルテノン神殿」

画像


<九州・平戸の町を観光に行く>
平戸は1500年からポルトガル、オランダなどの商業貿易を始めたところで、 ”西の都”と呼ばれるほど豊かな過去を持っている。
鏡川にかかる石橋「幸橋」(別名:オランダ橋)、平戸ザビエル記念教会、年齢400歳の大ソテツ、六角井戸、このあたり教会と寺院が同居する平戸独特の風景を見ることができる。
平戸城や平戸大橋なども有名ですね。
「九州・平戸の町を観光」

画像


<今月(12月)のハイキング・西京都の長岡京を探索する。>
毎月一回、会社OB会のハイキング同好会でハイキングをしています。
今回はJR向日町からから長岡京の遺跡、5辻の常夜灯やボタンで有名な乙訓神社や紅葉のきれいな向日神社や光明寺や長岡天満宮を巡りJR長岡京までの約16kmをハイキングしました。
すこし疲れましたが天気もハイキング日和で楽しく探索できましたよ!
「長岡京のきれいな紅葉」

画像


<今日は何の日>
今日は「苗字布告記念日」です。

1875年(明治8年)のこの日、明治政府の「平民苗字必称義務令」という太政官布告により国民はすべて姓を名乗ることが義務づけられたのです。
江戸時代は苗字を公式に使っていたのは貴族と武士だけですが、明治3年に「平民苗字許可令」が出ており、平民でも苗字を(公式に)名乗ることが可能になっていました。

画像


なぜ、義務化しないといけないのか?
はじめ苗字をつけたらそれだけ税金もたくさん課せられるのではないかなどと警戒したそうです。
そのうち明治4年に戸籍法が出来ると益々みんなそう思うようになり、翌年登録済みの氏名の改名を禁止するという布告が出ると警戒心はかなり強烈になりました。
そんな中明治6年には徴兵令が出て人々は税金を取られるだけでなく、兵隊にまで取られるのかと明治政府への反発はどんどん高くなります。
これに対して、明治政府は力で鎮圧するなど強権政府であることを誇示した上でとうとう苗字の義務化を断行しました。

画像


さて義務となっては仕方ないのでみんな苗字を名乗ることにするのですが、ほんとうに苗字を使用していなかった人もかなりありました。
しかし突然言われてもいい名前が思いつきません。
そこでお寺の和尚さんや村の庄屋さんに相談して苗字をつけたそうです。


画像

ちなみに、中国の姓は500種類、韓国の姓は300種類、日本の姓は約30万種くらいと言われており、日本の姓の多さはまさに桁違いです。
1位「佐藤」さん、2位「鈴木」さんが有名です。
名前がずっと昔からあったと思っておられる方もあると思いますが意外と歴史が浅いのですね。
今、先祖代々と言っていますが、一般の人の本当の先祖はこのときからなのです。
墓も氏神様からこの時期に分かれたのですね。

画像


そして明日、2月14日は「バレンタインの日」ですね。
女性から男性に向かって恋を打ち明けてもよい日ですよ〜
チョコレートの準備をお忘れなく!

画像


<春一番>
立春から春分の間に初めて吹く強い南風。
春の訪れを告げる風であり、海で働く者には「春一」と呼ばれ恐れられる春の嵐でもある。

画像


<春の名残雪>
雪の果(ゆきのはて)などといわれる冬の終わりの雪で、はらはらと舞い落ちてはくるが降り積もることはない雪のことです。
春になってこれから降る雪のことでしょうね。


画像

★★★★ 明日2/14日(日)の暦と今週の天気予報 ★★★★

今日(2/13日)は赤口です。

明日(2/14日)の暦 先勝 旧暦 1月7日 
 月齢 5.5 小潮  

  日出  6:47 
    日入 17:41 
 
日の出は少しづつ早くなり6時45分に近づいています。
日の入りはすこしづつ遅くなり午後5時45分に近づいています。


  満潮(神戸港): 10:55;23:46 
   干潮(神戸港):  4:38;18:05 
      

画像

今日(2/13日)の天気予報:曇りのち 

今週の週間天気予報
明日2/14日(日):雨のち曇り 15日:曇り時々晴れ 16日:晴れのち曇り 
   17日:晴れ時々曇り 18日:曇り時々晴れ 19日:曇り 
   20日:曇り時々晴れ 21日:晴れ 22日::晴れ時々曇り


画像

「今日の花」
<ハナカンザシの花>

キク科ローダンテ属、原産地:オーストラリア
早春の丸いかわいらしいつぼみは深赤色をしていますが、蕾がふくらむにつれ白色に変化していきます。
花びら(苞片)は薄くかさかさと紙のようでドライフラワーのような感触です。
すぅ〜と伸びた茎に花が咲いているのが、かんざしのように見えることからこの「花かんざし」という名前がついたそうです。
花言葉は「思いやり」「可憐」です。
画像
 

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
ナイス ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
★ 今日2/13日(土)の花・ハナカンザシ ★ 花ごよみ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる