花ごよみ

アクセスカウンタ

zoom RSS ★ 今日3/28日(火)の花・コブシ(辛夷、拳) ★

<<   作成日時 : 2017/03/28 10:07   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像

★ 今日3/28日(火)の花・コブシ(辛夷、拳) ★

画像


★ 今日3/28日(火)の海と山のある町・神戸 ★
今日の朝も春らしく暖かく青空の広がる晴れの天気です。
今日の天気予報は晴れのち曇りです。
今日の六甲山は青空にきれいに見えています。
今日の神戸港は朝から大きな船も行き交って居ます。
ポートアイランドや六甲アイランドの高層ビルも青空にきれいに見えています。

画像


彼岸も明けて本格的な春も近いですね。
スギ花粉などが本格的で心配な時期になってきました。
気を付けて対策してくださいよ!
桜の開花やスイセンや菜の花や梅の花が咲き、モクレンの花も咲いてきました。
今年も春の高校野球が始まりましたね。
どこの高校が優勝するのでしょうか。

画像


<海や山のある町・神戸の風景>
神戸港にはポートアイランドがあって神戸空港もあるのですよ!
六甲山もきれいに見えていますよ〜
神戸の町にはハーバランドや三ノ宮センター街や南京町やハープ園にたくさんの観光客で賑わっています。
神戸の夜景は1000万ドルの夜景とも言われるほどきれいですよ〜!
「神戸・神戸港の湾内を行きかうお舟と大橋の風景」


画像


<神戸王子動物園に行く>
たくさんの可愛い動物がいましたよ!
特にパンダちゃんが珍しく元気に動き回っていました。
「神戸王子動物園の風景・レスターパンダ」

画像



<神戸灘区・西郷川公園にカワズサクラの花見に行く>
今きれいにカワズサクラが満開に咲いています。
その他、十月桜も咲いていますよ!
そして、4月に入ると菜の花や桜の花見ができます。
「カワズサクラの花見」

画像


<奈良・大仏鉄道遺構めぐりへハイキングに行く>
毎月一回、会社OB会のハイキング同好会でハイキングをしています。
今回のハイキングルートは大仏鉄道遺構めぐりで、JR加茂駅からJR奈良駅までの12kmを歩き、この大仏鉄道は明治31年(1898)から加茂〜奈良間を開通させましたが、わずか9年間で廃止されたため、まぼろしの鉄道とよばれているのです。 ランプ小屋、C57SL展示、観音寺橋台、鹿背山橋台、梶ヶ谷隧道、赤橋、黒髪山トンネル跡、大仏鉄道記念公園などの遺構があります。 ハイキングは手頃なコースで大変いい日和で楽しくハイキングができましたよ!
「大仏鉄道遺構めぐり」

画像


<今日は何の日>
今日は「シルクロードの日」です。

1900年(明治33年)にスウェーデンの探検家・地理学者のスウェン・ヘディンによって、廃虚になっていたシルクロードの古代都市・楼蘭が発見された。


画像


古代シルクロードは中央アジアを通過して西洋と東洋を絹の貿易で東西を結ぶ。
絹や金細工、銀細工、ガラスや陶器などの品物が行き交った交易ルートであり、
同時に宗教や美術、 音楽といった文化が伝搬した重要な国際交流の道ですね。
私も一度は旅をしたいと憧れています。

画像



<花信風(かしんふう)>
花に咲く時期を知らせる春の風を花信風(かしんふう)といいます。
花信風が吹いて、私の住む地に花の満つるのはいつでしょうか?


画像


<春の名残雪>
雪の果(ゆきのはて)などといわれる冬の終わりの雪で、はらはらと舞い落ちてはくるが降り積もることはない雪のことです。
春になってこれから降る雪のことでしょうね。


画像


<春霞 >
霞は気象学には無い言葉です。
霞も霧も「霧」です。
文学的には霞と言えば春、霧と言えば秋と区別されて使われることが多いですね。
そのせいか霞という言葉には霧にはない温もりを感じます。


画像


★★★★ 明日3/29日(水)の暦と今週の天気予報 ★★★★

今日(3/28日)は先負です。

明日(3/29日)の暦  旧暦 3/2日  
 月齢 1.0 大潮  

  日出  5:51 
    日入 18:18 
 
日の出は少しづつ早くなり朝6時を切りました。
日の入りは少しづつ遅くなり午後6時15分を過ぎました。


  満潮(神戸港):  7:41;20:00 
   干潮(神戸港):  1:33;13:54 
  

画像


今日(3/28日)の天気予報:晴れのち曇り 
 
今週の週間天気予報
明日3/29日(水):晴れ時々曇り 30日:晴れのち曇り 
   31日:曇り 4/1日:曇り時々晴れ 
   2日3日4日:晴れ時々曇り

画像


「今日の花」
<コブシ(辛夷、拳)の花>

モクレン科モクレン属、原産地:日本、朝鮮半島
3〜4月、他の木々に先駆けて白い花を梢いっぱいに咲かせ優雅な芳香を放つる木です。
コブシは冬を越すために毛に覆われた冬芽を付け成長をとめて休眠し、春になるとその冬芽を割ってつぼみが出てきます。
「こぶし」の由来は「拳」で花蕾あるいは果実といわれています。
私は問題なく赤い天狗の鼻のように突き出す果実の方だと思います。
「辛夷咲くあのふるさとへ帰りたい」という歌の一節がありますが,コブシの花が咲くと北国にも春が来るのでしょう。
ハクモクレンとの違いは,コブシの花の下には小さな葉っぱがついていることです。
そして、花ががくまで咲き開きます。
日本の各地で、コプシの開花を農作業の基準としており、別名
田打ザクラ」「種蒔ザクラ」などど呼ばれます。
また開花状況を見て、「花が多くつけば豊作」「上を向いて咲けば雨風が少ない」などと、その年の農作物の出来不出来を占うという習慣も各地にあります。
花の色は白のほかピンクもあります。
花言葉は「友情」「乙女のはにかみ」です。
 

画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
★ 今日3/28日(火)の花・コブシ(辛夷、拳) ★ 花ごよみ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる