★ 今日3/18日(月曜)のお花・ハクモクレン(白木蓮)  ★

画像

★今日3/18日(月曜)のお花・ハクモクレン(白木蓮) ★


画像


★ 今日3/18日(月曜)の海と山のある町・神戸 ★
今日の朝は春らしく少し暖かな晴れのいい天気です。
今日の天気予報は晴れのち曇りです。
今日の六甲山は青空にきれいに見えています。
今日の神戸港は朝から大きな船も行き交って居ます。
ポートアイランドや六甲アイランドの高層ビルも青空にきれいに見えています。


画像


早くも三月中旬、彼岸の入りですね。
菜の花やスイセンの花や梅の花も咲き、早咲きの桜の花が咲き始めました。
もう春ですよ~!
春の七草も見かけます。
沢山の渡り鳥が元気に泳いでいます。
もう少し頑張ってくださいね。
インフルエンザや花粉症で大変な時期に入っていますのでご注意を!


画像


<海や山のある町・神戸の風景>
神戸港にはポートアイランドがあって神戸空港もあるのですよ!
六甲山もきれいに見えていますよ~
神戸の町にはハーバランドや三ノ宮センター街や南京町やハープ園にたくさんの観光客で賑わっています。
神戸の夜景は1000万ドルの夜景とも言われるほどきれいですよ~!
「近くの西郷川河口公園・満開のカワズサクラの花見」 


画像


<神戸・須磨離宮の梅林に行く>
20種200本の紅梅・白梅が咲く神戸須磨離宮公園の梅園では、梅がきれいに咲いていました。
菜の花や水仙やツバキも咲いてきれいでした。
沢山の人が見に来られていましたよ!
「神戸須磨離宮公園の梅の花」


画像


<イタリア旅行に行く>
10日間で北はミラノから南イタリア観光をめぐる。
初日はミラノ観光○ドゥオーモ○ヴィットリオエマニュエーレ二世ガレリア○スカラ座△スフォルツェスコ城などを観光しました。
次の日はトロンケットへ(約40km/約50分)、着後ベネチア本島へ、そして サンマルコ寺院、ベネチアンガラス工房、ドゥカーレ宮殿、ため息橋を見学しフィレンツェへ行きました。
4日目、フィレンツェの観光、ドゥオーモ○サン・ジョバンニ洗礼堂○シニョーリア広場○ベッキオ宮○ベッキオ橋○ミケランジェロ広場など 5日目、[世界遺産]ローマ歴史地区、ヴァチカン市国観光○サンピエトロ寺院、○トレビの泉、○コロッセオ、○スペイン広場など
「ナポリの観光」


画像


<京都二条城付近のウオーキング>
地下鉄烏丸御池集合、ここから御金神社⇒神泉苑⇒二条城のお堀り⇒菅原院天満宮⇒聖アグネス教会⇒京都府庁(昼食)、昼食後は護王神社(イノシシ神社)⇒京都平安ホテルの庭園巡り⇒大聖寺⇒同志社大学寒梅寒館⇒烏丸今出川で解散
あいにくの小雨の降る天気でしたが大変楽しいウオーキングでしたよ!
「二条城のお堀り巡り」


画像



<富山観光・駅前から富山城を探索>
富山駅前から富山の街を探索して桜、新緑 、紅葉と、季節ごとに美しい景色で有名な松川沿いを散策し、富山城公園へ、
それから富山市役所展望塔に上り、地上約70mから360度の大パノラマを楽しんできました。
「松川沿いを散策」


画像



<今日は何の日>
今日は「彼岸の入り」です。

春のお彼岸(3/18~24)春分の日(3/21)を挟む7日間を言う。
春の彼岸ですね。


画像


彼岸の中日には夕日は真西に沈み、その光は西方浄土へ至る道を示すと信じられています。
「暑さ寒さも彼岸まで、、、」とよく言われますが、今年の春の訪れは如何でしょうか?



画像


お彼岸についての詳細は「季節のお話し」HPを見てくださいね。
http://www.geocities.jp/sakai1940jp/profile_4kisetu.html


画像



また今日は「精霊の日」です。
柿本人麻呂、和泉式部、小野小町の3人の忌日がこの日であると伝えられています。


画像



飛鳥時代 の歌人・柿本人麻呂は『万葉集』三十六歌仙 の一人で有名ですね。
また平安中期の女流歌人・日記作者の和泉式部は「和泉式部日記」と正続1500余首をおさめた家集「和泉式部集」をあらわし、情熱的な天才歌人として知られ、多くの逸話や伝承をのこしています。
そして平安時代の歌人・小野小町は『古今集』等の作者で、絶世の美女との伝説があります。
いずれも日本を代表する人たちです。



画像


<春一番>
立春(2/4)から春分(3/21)の間に初めて吹く強い南風。

気象庁による春一番の定義は、次のような条件を満たすものだそうです。
1)立春から春分の日にかけて
2)日本海に発達中の低気圧がある
3)南よりで風速8m以上の強い風
4)気温が前日より上昇

春の訪れを告げる風であり、海で働く者には「春一」と呼ばれ恐れられる春の嵐でもある。



画像



<春の名残雪>
雪の果(ゆきのはて)などといわれる冬の終わりの雪で、はらはらと舞い落ちてはくるが降り積もることはない雪のことです。
春になってこれから降る雪のことでしょうね。



画像



<春霞 >
霞は気象学には無い言葉です。
霞も霧も「霧」です。
文学的には霞と言えば春、霧と言えば秋と区別されて使われることが多いですね。
そのせいか霞という言葉には霧にはない温もりを感じます。



画像


★★★★ 明日3/19日火曜)の暦と今週の天気予報 ★★★★

今日(3/18日)は 先勝 です。


明日(3/19日)の暦は友引 旧暦2/13日です。
 月齢 12.5 中潮  

  日出  6:04 
  日入 18:09
 
日の出は反転し少しづつ早くなり朝6時に向かっています。
日の入りは少しづつ遅くなり午後6時15分に近づいています。
    
    満潮(神戸港):  6:17;17:41
    干潮(神戸港): 11:59;            
     

画像


今日(3/18日)の天気:晴れのち曇り 

今週の週間天気予報
明日3/19日(火):曇り一時雨 20日:晴れ時々曇り       
    21日:曇り時々雨 22日:曇り 23日24日:曇り時々晴れ         
    25日26日:晴れ時々曇り                          
            
     
画像


「今日の花」
<ハクモクレン(白木蓮) の花>

モクレン科 モクレン属、原産地:中国
3月~4月に白い芳香のある花を咲かせる。
花弁は6枚で、3枚の顎があるが、あまり違いがないので9枚の花弁があるように見える。
花の中心には雌しべがありその周辺を多数の雄しべが取り巻いている。
木蓮はつぼみの先が必ず北を向くので、方向を指示する植物「コンパス・フラワー」とも呼ばれているそうです。
一般にはモクレンは紫色でシモクレンともいわれ、白色のモクレンをハクモクレンといって区別しています。
花言葉は「崇敬」「自然への愛」「持続性」です。


画像

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック