★今日6/1日(土曜)のお花・アジサイ(紫陽花) ★

画像

★今日6/1日(土曜)のお花・アジサイ(紫陽花) ★


画像



★ 今日5/31日(金曜)の海と山のある町・神戸 ★
今日の朝は初夏の少し暑い晴れの天気です。
今日の天気予報は晴れ時々曇りです。
今日の六甲山は青空に見えています。
今日の神戸港は朝から大きな船も行き交って居ます。
ポートアイランドや六甲アイランドの高層ビルも青空に見えています。


画像



新緑の季節ですね。
レンゲやツツジや藤やバラの花などの花がきれいに咲いています。
これからは初夏に向かい季節は進んでいきますよ~
田植えももう終わりですね。
プロ野球も面白くなって来ました!


画像


<海や山のある町・神戸の風景>
神戸港にはポートアイランドがあって神戸空港もあるのですよ!
六甲山もきれいに見えていますよ~
神戸の町にはハーバランドや三ノ宮センター街や南京町やハープ園にたくさんの観光客で賑わっています。
神戸の夜景は1000万ドルの夜景とも言われるほどきれいですよ~!
「神戸港と豪華客船」 

画像



<神戸まつり(2019.5.12)に行く!>
フラワーロードや京町筋のサンバ通りに神戸まつりを見に行ってきました。
神戸開港150年記念でたくさんの人が神戸のフラワーロードにパレードなどを見に来ていましたよ!
沢山の人で賑わっていました。
「神戸まつりに行く」


画像



<神戸インフィオラータを見に北野坂へ行く>
インフィオラータは、阪神淡路大震災からの復興を願い、震災後に企画構想し、2年後の春にはじまりました。
インフィオラータはイタリア語の直訳は「花を敷きつめる」)です。
使用する花びらは、球根栽培の際に不要となるチューリップの花びらで、富山県、新潟県の産地より送られてくる。
北野坂では2019年4月27日~4月29日まで行われました。
大変な人でにぎわっていましたよ!
「神戸インフィオラータの様子・王子動物園」


画像


画像


<神戸の相楽園につつじを見に行く>
秋の紅葉や菊の花も有名ですが春のつつじもきれいですよ!
子供連れの家族やお友だちや海外の旅行客の人たちなど沢山の人が来ておられましたよ!
春のあったかなひさしの元のんびりとつつじを見て楽しんできました。
「相楽園につつじを見に行く」


画像



<神戸の夙川沿いに花見に行く>
いい天気だったので花見に行ってきました。
沢山の桜の花が満開できれいに咲いていましたよ~!
沢山の花見客で賑わっていました!
「夙川沿いの花見」


画像


<花見ウオーキング・桜の宮の桜並木と大阪の街の探索>
JR環状線桜の宮駅集合、ここから桜の宮公園⇒桜宮神社⇒造幣局博物館⇒南天満公園(昼食)⇒大阪会議・五大・ライオン橋⇒中の島中央公会堂⇒大阪市役(澪つくしの鐘)⇒大同生命(朝が来た)⇒フェスティバルタワー(空中庭園)⇒毎日新聞大阪支店で解散
桜 の開花が遅く満開の花見にはならなかったが楽しい花見ウオーキングが楽しめましたよ!
「造幣局博物館から南天満公園へ」


画像



<神戸臨界線・廃線跡と神戸の港町ウオーキング>
JR灘駅集合、ここからJR貨物臨港線廃線跡遊歩道⇒脇浜海岸通⇒HATゆめ公園⇒みなとのもり公園(昼食)⇒日本一短い国道・神戸税関⇒東遊園地・希望の灯りと慰霊モニュメント⇒神戸市役所最上展望所⇒港公園・神戸海軍操練所跡⇒神戸港震災メモリアルパーク・メリケンパーク⇒神戸ポートタワー⇒モザイク・旧神戸港信号所・はねっこ橋⇒ウミエ⇒蒸気機関車D51・JR神戸駅で解散
天気にも恵まれ大変楽しいウオーキングでしたよ!
「JR灘駅からJR貨物臨港線廃線跡遊歩道を行く」


画像


画像



<今日は何の日>
今日は「衣更え(更衣・衣替え)」の日です。

今日から6月ですね。
衣替えです!



画像



気候に合わせて、衣服を夏服に替える日!
平安時代から始った習慣で、当時は中国の風習にならって4月1日および10月1日に夏服と冬服を着替えると定め、これを 「更衣」と言った。
しかし、天皇の着替えの役目を持つ女官の職名も更衣といい、後に天皇の寝所に奉仕する女官で女御に次ぐ者を指すようになったので、民間では更衣とは言わず「衣替え」と言うようになった。
江戸時代ごろから、衣替えは6月1日と10月1日に行うようになり、明治以降の官庁・企業等もそれに従っています。


画像



皆さん心の「衣替え」も出来ましたでしょうか?
外観だけでなく、心の衣替えも忘れずに!
毎日、仕事ばかりしている人は、海や山に出掛けておいしい空気をいっぱい吸ってみてくださいね。
また、毎日、家の中にいる人は、街に出掛けてみてください。
きっと、いい心の衣替えが出来ますよ~!


画像


<田毎の月 (たごとのつき)って!>
田毎の月は、田植えの済んだ水田一つ一つに写る月のことです。
田毎にとどまる月の姿を現す言葉で、昔の人はうまくいいますね。

帰る雁 田毎の月の くもる夜に (与謝蕪村)


画像



<若葉の頃>
新緑の中、森林浴を楽しむのんびりした旅もいいですよ!
気持ちのいい風が吹きわたり、木の葉がゆれて、小鳥たちが愛を囁く!
小川のせせらぎの音が聞こえてきます。
悠久の木陰の中でのんびり本を読む。
ほんとうに天国で~すよ~
心地よい風が吹く中、新緑の山に入れば若葉がきれいに輝き、そのような静寂の中に命に溢れたせせらぎの水の音や鳥の鳴き声がする。

をちこちに滝の音聞く若葉かな(与謝 蕪村)



画像


★★★★ 明日6/2日(日曜)の暦と今週の天気予報 ★★★★

今日(6/1日)は 先勝 です。


明日(6/2日)の暦は友引 旧暦4/29日です。
 月齢 28.2 中潮

  日出  4:47 
  日入 19:07
 
日の出は反転し少しづつ早くなり朝4時45分に近づいています。 
日の入りは少しづつ遅くなり午後7時15分に向かっています。   
     
    
    満潮(神戸港): 5:34;18:50
    干潮(神戸港):12:27;    


画像



今日(6/1日)の天気:晴れ時々曇り 

今週の週間天気予報
明日6/2日(日):晴れのち曇り 3日:雨のち晴れ           
    4日:晴れのち曇り  5日:晴れ時々曇り 
    6日:曇り 7日8日:晴れ時々曇り  
 

画像


「今日の花」
<アジサイ(紫陽花) の花>

ユキノシタ科アジサイ属、原産地:日本、東南アジア、別名:七変化,手毬花
6~7月に多数、球状にあつまって咲き、花の色は青、ピンク、紫、白と色とりどり、昔は青色が主流でした。
土が酸性の場合は青系統、アルカリ性の場合は赤系統の花が咲きます。
周りのきれいな花のように見えるのはガクで花は中央のいっぱい集まったとこに咲く小さい花です。
「アジサイ」の語源は一説によると、「青い花が集まっている」ので、集めるの意の「あづ」に青の意の「さ藍」で「アヅサアイ」から「アジサイ」となったということです。
花言葉は花色の変化から「移り気」「心変わり」や花の形から「 一家だんらん」「家族の結びつき」ともいわれます。

画像

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック