テーマ:水中写真

<大阪の海遊館に行く!マンタ・熱帯魚・ラッコ・ペンギンなど(後編)>

<海遊館・マンタが泳ぐ!> マンタが悠然と泳いでいる! なんとも気持ちよさそうで大好きです。 「太平洋」という水槽で、大きな風呂敷を広げたようなおかしなかたちで、悠々と羽ばたいているのは、世界最大のエイであるオニイトマキエイで…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

<大阪の海遊館に行く!ジンベイザメ・カワウソ・トンネル水槽の魚たち(前編)>

<大阪の海遊館に行く!(前編)> 世界最大級の水族館の海遊館に行ってきました! 海遊館は14の大きな水槽があって、中央には最大の「太平洋」水槽があり、そのまわりを取り囲むように13の水槽が配置されています。館の北側には「アリューシャン列島」が、館の南側には「南極大陸」があり、海遊館…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

<久しぶりに沖縄に行く(後編)>

<沖縄、ケラマ諸島の無人島ナガンヌ島に行く> 那覇から一番近いケラマ諸島“ナガンヌ島”そのケラマ諸島の無人島ナガンヌ島へ高速クルーザーで約20分で行けます。 {%夏webr…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

タイ・プーケット島<さんご礁の海の魚たち>

タイ・プーケット島<さんご礁の海の魚たち> プーケット島はタイ南部、マレー半島西岸沖合にある島です。 アンダマン海にのぞむうつくしいタイ屈指のリゾート地として内外から多数の観光客がおとずれているますよ~
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

楽園の島・プーケット島!

<楽園の島・プーケット島!> 楽園の島・プーケット島はタイ南部、マレー半島西岸沖合にある島で、16世紀にヨーロッパ人が到来し、島を貿易の拠点とし、18世紀には領有をめぐってビルマ(現、ミャンマー)とあらそい、一時占領されたが、19世紀にタイ領が確定した。 1980年代以降、アンダマン海にのぞむうつくしい風景をもとに観光開発…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more